臨床工学技師

臨床工学技師の仕事内容

臨床工学技師の主な仕事内容は以下のようなものがあり、さらに専門に応じて高度な資格を要する仕事もあります。

呼吸治療業務
肺の機能が十分でない患者に使用する人工呼吸器が、安全に使用できているか、または異常がないかなどを確認する業務

呼吸治療専門臨床工学技士とは

体外循環業務

心臓手術の際には体外循環と呼ばれる装置を使用しますが、臨床工学技士はこれらの操作から管理を行う業務

体外循環技術認定士とは

人工心臓管理技術認定士とは

血液浄化業務
血液透析療法や血漿交換療法、血液吸着法などの治療を行う業務です
血液透析療法(アフェレシス療法)とは
手術室業務
スムーズな手術が行われるよう様々な装置の管理、操作を行います
集中治療室業務
人工呼吸器や持続的血液浄化装置の操作や管理を行います
高気圧酸素業務
高気圧酸素療法装置で安全に治療が行えるよう機器の操作及び保守点検を行う

臨床工学技士の仕事内容に関する記事一覧

臨床工学技師の年収

臨床工学技師として働くフィールドは国立の総合病院から民間の病院まで様々であり給与体系もそれに応じて変わってきます。

年収相場としては300万円から400万円ほど、残業や休日出勤、自宅待機などが多い職場では500万円を超える場合もあるようです。

臨床工学技士の年収に関する記事一覧

臨床工学技師の国家資格

臨床工学技士は国家資格は近年の医学技術の進歩とともに注目され、比較的新しい職業として人気が高まりつつあります。

合格率は例年80%近い数字となっておりしっかり勉強しておけば合格はさほど難しくありません。

医療技術の進歩や少子高齢化など臨床工学技士のニーズは高まっていくと予測され注目の国家資格といえます。

臨床工学技士の国家資格に関する記事一覧

臨床工学技師の求人

臨床工学技士の求人の特徴としては、医療職では珍しく医療機関からの男性ニーズが強い傾向があるようです。

オーバーナイト透析は夜勤手当が割高で、クリニック勤務希望の技士のなかでは人気のある施設だと言えます。同じ臨床工学技士の中でもオペ重視の総合病院を希望すると、どうしても都心もしくは地方都市での求人が多いです。またそういった総合病院では専門学校の既卒者よりも大卒者を優遇する傾向にあります。

臨床工学技士の求人に関する記事一覧